TOP » マンションリフォーム施工事例 » 事例No.00012

事例No.00012
バリアフリーリフォーム

パークハウス 2013.5竣工

私たちのリフォームの目的と気持ちを理解して下さる設計士さんと施工の方々に出会えて、思い以上の家を作っていただき感謝の気持ちで いっぱいです。 また仮住まいの手配、近隣の方々に配慮した仕事に対しても合わせて感謝しております。  (松戸市 Kさま)

※今回のプランは一級建築士事務所「エィティアルクデザイン」の一級建築士 高野昌訓氏が設計されました。

玄関・廊下

玄関ドアの内側には木目のシートを貼って見た目をきれいに。
玄関収納が少なかったので、天井までの収納を造りました。

玄関・廊下

居室の床を約40㎝上げ、小上がり風の和室にしました。
床下は地袋収納になっています。

和室

床を上げたので掘りごたつを楽しむことができるようになりました。
腰窓に付けた二重サッシは防犯・防結露の他に共用廊下の音を軽減する効果も。

和室

3枚引き違いの障子を閉めれば、リフォーム前とは全く異なる印象の廊下に。

リビング

リビングの床を上げ廊下と同じにし、リビング扉は引き戸にしました。
255㎝のキッチンとアイランドカウンターで調理スペースが広がりました。

リビング

リビングの一角を畳コーナーに。段差がないので使いやすく、障子を閉めれば個室としても利用できます。

リビング

聚楽壁(じゅらくかべ:土壁)と丸柱が個性的な書斎スペース。
和紙調の二重サッシにしてカーテンは付けず、和風なリビングに仕上げました。

洋室

収納がない部屋には、梁下まで利用した収納を新設。

洗面室

幅100㎝の洗面化粧台と隣の造作収納。洗剤やリネン類がすべて収まります。

洗面室

洗面室の床を下げ、廊下と同じに。配管が通っている場所は一段高くなりますので、その上を洗濯機置き場に。
浴室も一段高くなっています。