TOP » マンションリフォーム施工事例 » 事例No.00013

事例No.00013
無垢材リフォーム -木のぬくもりを感じる住まい-

パークハウス 2013.6竣工

玄関・廊下

扉がなかった洗面室の入口には引き戸(白)を新設。
左側居室と正面リビング扉は引き戸にしました。圧迫感が出ないよう無垢柄と白の扉をバランス良く組み合わせています。

玄関・廊下

扉はパナソニックの"無垢材の質感を再現した" 「リアロ」というシリーズです。
床は無垢材(オーク)を採用し、 木の温かみが感じられる住まいになりました。
幅160㎝の玄関収納は天井までの造り付けでシーズンオフの靴もたっぷり収納できます。 。

キッチン

リビングの床を上げ、廊下との段差を解消。さらにリビング扉を引き戸にしました。
新設した収納が食器棚や食品庫の役目を果たし、電話台も近くに。
キッチンにいて手の届く範囲に必要なものを置けるようプランしました。

キッチン

パナソニックキッチン「リビングステーション」幅210㎝。
隣に収納を造ったので、キッチン上吊り戸はつけず、すっきりしたプランにしました。

キッチン

カウンター幅を利用して、シンクの奥にスペースを造りました。 ラップやふきん・調味料などが置けますし、リビングからは目隠しになります。

リビング

和室は4枚の荒間障子に。無垢の床材と相性が良く、温かみのある雰囲気のリビングになりました。

リビング

和室の開口を広くしたので、襖を開放すれば以前より広く明るい空間になります。

和室

和室にはタンスを置くため、新たに板の間を設けました。 天井には網代柄の壁紙を採用しています。

和室

キッチン横に収納の新設した分、こちらの和室はリフォーム前より少し小さくなっていますが、収納力は十分。 キッチン側収納の上部を利用して天袋も造りました。

トイレ

タンクレスでコンパクトなので、トイレ内が広く。
シンプルな形なので、床のお掃除もしやすくなりました。