TOP » マンションリフォーム施工事例 » 事例No.00029

事例No.00029
バリアフリーリフォーム

パークハウス 2014.7竣工

玄関・廊下

既存の靴箱と物入スペースを使って、幅160㎝のパナソニック玄関収納「コンポリア」を設置しました。
床:パナソニック 「ジョイハードフロアA」 

玄関・廊下

リビングの床高を廊下に合わせ、バリアフリーに。
リビング扉は開き戸から引き戸にしました。風で急に閉まることもなく、安心です。

廊下

洋室側の収納を少し狭くして、廊下物入れを新設。
可動棚なので、ゴルフバッグや日用品の買い置きを収納することができます。

LDK

キッチンは既存のままで、給排水配管を交換しました。

LDK

和室をなくして、L型の広いリビングに。
スリット格子の後ろにはお手持ち家具や寝室があるので、プライベート空間を仕切る役割とともに、モダンな雰囲気を作るアクセントになっています。

洋室1

もう一つの和室も洋室に。
脱着できる室内物干しを天井につけたり、壁面に天袋収納をつけるなど、限られたスペースを有効活用しました。

洋室2

共用廊下側の洋室。
窓用エアコンを撤去して、居室内に壁付けエアコンを設置できるよう配線・配管を整えました。

洋室2

奥行が深く使い勝手の悪かった収納は、半分を寝具収納に、半分はパイプハンガーを段違いに付けて衣類が収納できるようにしました。

洗面室

廊下にあった分電盤は洗面室内に新設。
また、床下配管を点検できるよう、床に点検口を設けました。

浴室

将来に備え、またぎの低い浴槽にして、手すりを設置しました。