TOP » マンションリフォーム施工事例 » 事例No.00032

事例No.00032
生活動線に配慮したバリアフリーリフォーム

パークハウス 2014.9竣工

玄関

幅120㎝のパナソニック玄関収納「コンポリア」を設置。
下が空いているので、来客時にもさっと靴を隠せて便利です。    

玄関

リビング扉を玄関寄りに移動。
廊下に出なくてもリビング側から洗面室・浴室・トイレに行かれるようになりました。
床:パナソニック 「ウッディA(エクセルライト柄)」 

廊下収納

廊下収納の下はオープンにして、猫ちゃんのベッドスペースに。
また、万が一の時、給排水管を点検できるよう点検口を設けました。

トイレ

洗面室隣の廊下の棚を撤去し、トイレ入口を新設。
リフォーム前は洗面室を通らないとトイレに行かれない間取りでしたが、これからはお客様にも気兼ねなく使っていただけます。

LDK

リビング扉は玄関寄りに移動。 置床をして、廊下との段差を解消しました。
造作カウンターを配膳スペースとして使え、ダイニングテーブルへの配膳も楽になります。
パナソニック 「リビングステーション Vスタイル」(幅210㎝)

LDK

和室をなくして、間仕切りで仕切れる広いリビングに。
閉めれば寝室・客間としても使えます。

LDK

押入れをクローゼットに造り替え。
折れ戸にしたので、出し入れもしやすく、中身も一目でわかるようになりました。

北側洋室

置床をして、廊下との段差を解消しました。
押入れをクローゼットに造り替え。
折れ戸にしたので、出し入れもしやすく、中身も一目でわかるようになりました。
端には可動棚を付け、バッグや小物を収納できるようにしました。

洗面室

洗面台はパナソニック「エムライン」(幅75㎝)
右側に袖壁を造作し、タオル掛けを取り付けました。
洗濯パンは嵩上げタイプのものを選び、高圧洗浄に対応できるようにしました。

浴室

またぎが浅く、出入りしやすい1216サイズのお風呂。
正面が収納スペースになっており、ゆとりが感じられるお風呂です。