TOP » マンションリフォーム施工事例 » 事例No.00035

事例No.00035
それぞれの書斎がある住まい

コープ野村南流山壱番街 2014.11竣工

玄関

玄関収納を2つにし、靴の収納量を確保しました。   
収納:パナソニック「ベリティス コンポリア(チェリー柄)」 

LDK

キッチンと洗面室の家事動線を確保するために、リビング扉を玄関寄りに配置しました。

キッチンカウンター下にはお手持ちの収納を置き、細々した生活雑貨をすっきり収納。 奥様専用のスペースとして横に机を置けるようにしました。

LDK

キッチンは、パナソニックの「リビングステーション」(幅210㎝)
シンク前には水切りカゴが置けるスペースを造りました。
配管スペースがあって無駄になってしまう空間を利用したものです。

LDK

カップボードは、パナソニックの「ラクシーナ」(幅195㎝)
キッチンカウンターの高さをカップボードに合わせたことで、広い配膳スペースができました。

LDK

キッチンと洗面室の動線が確保されました。
また、洗面室をリビング側に取り込んだので、冬も寒い廊下に出る必要がなくなりました。

LDK

和室との仕切りは3枚片引き戸に。
高さも可能な限り高くし、閉めた時に圧迫感が出ないよう白い面材を採用しました。

LDK

以前よりも開口部を広げたので、解放すれば明るい陽射しがリビングに入るようになりました。

和室

4畳半の和室はご主人の書斎兼寝室。
窓際の天井には室内物干しを設置。花粉や天気に関係なくお洗濯できます。

ウォークインクローゼット

和室の隣にはほぼ同じ広さのウォークインクローゼットを造りました。
造作の中段・枕棚に加え、お手持ちのタンス3竿を収納できるスペースも。
寝室にタンスを置く不安もなくなりました。

床下点検口 (洗面室)

洗面室には床下点検口を設けました。
給排水管の継ぎ手部分がここに集中しているので、点検がしやすくなりました。