TOP » マンションリフォーム施工事例 » 事例No.00044

事例No.00044
生活動線に合わせた収納計画

パークハウス 2015.7竣工

玄関

洋室側にスペースをとって、約1.5帖の土間収納を設けました。
シーズンオフのものも含めて靴がたくさん収納でき、ベビーカーも中に収めることができるので、玄関土間をいつもすっきりと保つことができます。

廊下

天然素材の風合いを再現した遮音フローリングを採用し、カーペットだったリフォーム前とは全く違う雰囲気になりました。

床材:パナソニック「NEWウッディアーキA45 (オーク柄)」

洋室A

二部屋を仕切る壁を撤去し普段は一部屋として使えるようにしました。
必要に応じて二部屋にもできるよう二枚連動の片引き戸を設置しました。

洋室A

部屋を仕切る2枚連動の片引き戸。
奥の部屋のクローゼットも壁一面を使った大容量のものにして、普段使わないものはこちらに収まるようにしました。

洋室B

洋室A側に部屋を広げ、クローゼットを新設しました。
テレビ・パソコンなどの配線計画も見直し、収納も充実したプライベート空間に。

リビングダイニング

自然の風合いを再現したフローリング材で、新築マンションのようなダイニングに。
キッチンカウンターは幅をもたせたので、配膳スペースとしても使い勝手でよくなりました。

床材:パナソニック「NEWウッディアーキA45 (オーク柄)」

リビングダイニング

リビングにはテレビ台兼壁面収納を設置。
AV配線や生活雑貨がすっきり隠せるようになりました。

壁面収納:パナソニック「キュビオス」

和室

地震に備えて和室にあったタンスは処分し、クローゼットを新設しましたので、安心して就寝していただけるようになりました。
内部にはお手持ちの和盆を収納できるよう造作しました。

キッチン

シンク横にあったリビング収納はキッチン側から使えるパントリー収納にしました。
天井まであるので、乾物や調味料の買い置きなどもたっぷり収納できます。

キッチン:パナソニック「ラクシーナ」(幅260㎝)

洗面室

洗面室に新設した床下点検口からは、新しい給排水管の接続部分が確認できます。
洗面化粧台の横にはリネン収納を設けたので、タオルや洗剤ストックなどもすっきり収納できるようになりました。