TOP » マンションリフォーム施工事例 » 事例No.00045

事例No.00045
生活動線に合わせた収納計画

コープ野村南流山壱番街 2015.12竣工

玄関

玄関収納の下を浮かせることで来客時にさっと靴を隠せるようにしました。
「置き床工法」でリビングの床を廊下とフラットになるようにしました。
リビング扉を玄関寄りに移動したことで、洗面室やお風呂をリビング側に取り込むことができ、寒い廊下に出る必要がなくなりました。



廊下/ウォークインクローゼット

玄関入って正面に2.5帖のウォークインクローゼットを新設しました。

衣類だけでなく、生活用品の買い置きもおけるので大変便利です。

収納場所をなるべくまとめることで、他の居室が広くすっきりと使えるようになります。



洋室

二部屋を仕切る壁を撤去し普段は一部屋として使えるようにしました。
置き床工法で床高をあげ、廊下とフラットになるようにしました。

洋室

下がり天井は構造上取れないので、ダウンライトを設置することでデザイン性を持たせました。
壁一面にクローゼットを造作し、中にはお手持ちの整理ダンスも入れられるようにしたので、部屋がすっきり使えます。

リビングダイニング

「置き床工法」でリビングの床高を廊下と同じにしました。
表面が無垢の床材を使用したので、部屋が明るく感じられます。

床材:(株)ボード 「ワイルド45 (ナラ節あり/クリア)」

和室

リビングとの段差がない和室なので、扉を開けておけばリビングの一部として広く使えます。

畳:ダイケン「健やかおもて」

和室

押入れの扉は3枚引き戸にして開口が広く開くようにしたので、お布団などの出し入れをしやすくなりました。

キッチン

対面キッチンにしたので、リビングにいる家族と会話ができるようになりました。
キッチンカウンター、ダイニングテーブルへと配膳もしやすくなりました。

キッチン:パナソニック「ラクシーナ」(幅255㎝)

カップボード:パナソニック「ラクシーナ」(幅180㎝)

キッチン

リビング扉を玄関寄りに移動し、キッチン⇔洗面室の動線を確保しました。



洗面室

幅75㎝の洗面化粧台の横に幅45㎝のリネン収納を設けたので、タオルや洗剤ストックなどもすっきり収納できるようになりました。TESも交換しました。