TOP » マンションリフォーム施工事例 » 事例No.00056

事例No.00056
段差・温度差のない和モダンな住まい

パークハウス 2016.8竣工

玄関

玄関照明は人感センサー付きにしたので、荷物で手がふさがっていても安心です。
トイレ以外の扉はすべて引き戸にして開閉の場所を取らないようにしました。
ウォールナット柄の建具にホワイトオークの床材を合わせました。

北側洋室

廊下に合わせて床高を上げて段差を解消するとともに、 床下に配管を通してエアコンを新しく設置しました。

入口を引き戸にすることで、壁一面を衣類や書類用の収納にすることができました。

キッチン

壁側はカップボード(120㎝)と冷蔵庫スペースにしました。
対面キッチンにするために設けた配管スペースを活用して調味料や小物が置けるニッチカウンターにしました。

キッチン

キッチンはパナソニック「ラクシーナ(195㎝)」。 
45㎝のキッチンカウンターをつけることで配膳スペースが広がり料理がしやすくなりました。
カウンター下は収納になっているので、リビングにあった小物類がすっきり収納できます。

LDK

リビングはL字に広げ、一部屋を和室にしました。
段差がないので出入りしやすくなりました。

LDK

奥行が深くて使いにくかった押入れにはパイプを2本つけて衣類の収納量を確保したり、天袋の高さをとって無駄なく収納できるように工夫しました。

LDK

和室には縦格子の間仕切り戸、掃出し的には格子調の内窓を採用することで、和モダンな雰囲気に仕上げました。

LDK

リビングには置き畳を敷いてくつろぎのスペースを設けました。
将来、ロールスクリーンで仕切って個室として利用することもできるよう天井に下地を入れました。



洗面室

アコーディオンカーテンだった洗面室入口には2枚引違戸をつけました。
洗濯機を交換する際には取り外して搬入することが可能です。
洗面化粧台(75㎝)にキャビネット(30㎝)をつけ、収納を増やしました。

トイレ


配管が収納されお手入れしやすいトイレに交換しました。